スター・ウォーズはどの作品から観ればいいのか?

スター・ウォーズはどの作品から観ればいいのか?

「フォースの覚醒」(エピソード7)を観る前に、「先に過去の作品に目を通しておこう」と思う人は多いはず。
普通の映画ならだいたい公開順通りに観れば良いわけですが、スター・ウォーズは「エピソード4」から作られているため、「公開順に観る」か「エピソード番号順に観る」かという問題が出てくるわけですね。
なぜエピソード4から作られたのかについてはまた別の記事で書きますが、とにかく初心者は「どの順番で観ればいいの?」ときっと思うことでしょう。
結論から言うと、観たい作品から観てください。一応、判断材料として以下に解説を載せておきます(ネタバレなし)。

公開順

まず確認ですが、映画の公開順は、以下の通りです。

  • 1977年 スター・ウォーズ (エピソード4) 新たなる希望
  • 1980年 スター・ウォーズ (エピソード5) 帝国の逆襲
  • 1983年 スター・ウォーズ (エピソード6) ジェダイの帰還(ジェダイの復讐)
  • 1999年 スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス
  • 2002年 スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃
  • 2005年 スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐

エピソード4~5(いわゆる旧三部作)では、作品タイトルに「エピソード○」の表記はついていません(映像のオープニングロールには入っています)。特に「新たなる希望」はレンタル店などでは副題もつかず単に「スター・ウォーズ」となっている可能性があります。
また、エピソード6「ジェダイの帰還」のタイトルはDVDで変更になったので、それ以前は「ジェダイの復讐」です。

エピソード番号順(1・2・3・4・5・6)に観る場合のメリット・デメリット

スター・ウォーズの生みの親であるジョージ・ルーカス的には、どうやらエピソード1「ファントム・メナス」から観てほしいようです。メイキング映像でも、しばしばそれを前提としているかのような発言が見受けられます。
この場合、時系列通りの順番で話が進むので、本当にまったく知識がない人からすれば、その後の展開が予想できないので、楽しめるかもしれません。
しかしデメリットとして、「ジェダイって何?」「フォースって何?」などのエピソード4で簡単に触れられた情報を持っていないので、混乱するかもしれません
ただでさえエピソード1~3(いわゆる新三部作)のストーリーはわかりにくいので、たしかに色々と混乱してしまう要素はあると思います(そのあたりは当サイトでエピソードごとに初心者向けの解説を掲載していく予定です)。
しかし、もともとスター・ウォーズは細かいことは説明しない作品なので、何かよくわからないがそういうものなんだと思って観進めていって良いのではないかと思います。
また別のデメリットとして、エピソード3のアクションを観たあとにエピソード4を観ると、映像的に見劣りする感じがあるのは否めないです(4~6はまだCG技術がない時代の作品ですから……)。
ただ、エピソード7「フォースの覚醒」の直前に全作観るのであれば、1・2・3・4・5・6の順番で観ると、ストーリーがうまく繋がって良さそうな気はします。

公開順(4・5・6・1・2・3)に観る場合のメリット・デメリット

ジョージ・ルーカスの意図に反し、多くのファンは公開順をおすすめしています。
もともとの公開順通りで観るわけなので、それで「特に先の展開がわかってしまうからダメ」ということはないはずです。そういう意味で、少なくとも無難ではあると思います。
映像技術がどんどん進化していく様子も楽しめそうです。
ただ、「エピソード3」が最後になるのを良しとするかどうか……。
実は、4・5・6・1・2・3と観たあとに再度4・5・6を観るのがベスト
という意見もあり、これは確かに最初に4・5・6を観たときと、1・2・3を観たあとで4・5・6を観たときでは印象が異なる(より理解が深まる)と思うので、一理あるとは思うのですが、普通そこまで時間かけて観るか?という気もします。まあ、時間がある人にはおすすめです。
4・5・6・から観始めるデメリットとしては、これを言うと元も子もないのですが、近年のCGバリバリの映画を普段見慣れている人が4・5・6の映像を観て満足できるのか?という点があると思います。1・2・3を映像楽しみつつ観て、その後のストーリーを知るために4・5・6を観るという順番のほうが、もしかしたら興味を持てるかもしれません。もちろん、その場合は先に書いたような「4」でいきなり古臭くなるという難点もあるのですが……。
いや、4・5・6の映像も今見ても十分おもしろいんですよ。エピソード6の宇宙戦のシーンなど、今のCGにも引けをとらないほどの出来だと思います。

で、結局どういう順番で観ればいいの?

最初にも書きましたが、観たい作品から観てください。1か4から観るのがおすすめではありますが、別に3からでも良いです。最初におもしろそうなものから観るのが大事だと思います。
どちらでも良ければ、とりあえず4を観て、ちょっと古臭くても「おもしろい」と思ったならそのまま5・6を見続け、「もっとCG使った最新の映像が観たい」と思ったのであれば、1・2・3を観ても良いのではないかと思います。そのあと気が向いたら5・6を観る。「4・1・2・3・5・6」あるいは「4・5・1・2・3・6」のように、4から始まり、途中で1・2・3を観たあと、最後に6で終わるというのも、良いと思います。

【補足】バージョンについて

実は同じエピソードでも色々なバージョンがあります。
しかし現在手に入るのは基本的に「DVD版」か「ブルーレイ版」のどちらかだと思います。
基本的に大きな違いはないので、できれば最新の「ブルーレイ版」を観るのがおすすめですが、「DVD版」でもまったく問題はありません。いずれも4・5・6は「特別篇」にさらに手を加えたものになります。

【補足】字幕・吹き替えについて

ついでに「字幕」「吹き替え」どちらが良いかという話をしておきます。
1・2・3はどちらでも良いですが、4・5・6は字幕で観たほうが良いです。
4・5・6の吹き替えはかなり古く、表現的に間違っているところがいくつかあるためです。特にエピソード6「ジェダイの帰還」の吹き替えは、終盤のダース・ヴェイダーのセリフでまったく意味が異なるところがあるので、字幕で観てほしいと思います(ストーリーに大きく影響を与える間違いではありませんが……)。
なお、かつて1・2・3の字幕(by 戸田奈津子)については「間違いだらけ」とファンから強い批判を受けていました。しかし、今では多くが修正されているので、今はあまり気にすることはないのではないかと思います(エピソード1のDVDがちょっと微妙ですが)。